夏の大祓い

6月30日は、様々な神社で「夏の大祓い式」が、行われます。

それは、心身浄化の儀式です。

日頃無意識のうちに犯している過ちや罪深さを大神さまの大御稜威によって祓い清め、

明るく楽しく年末まで健康に過ごせるように、宮中や伊勢神宮をはじめ全国の神社で行われている「大祓い式」です。

本日は、癸 未の日です。

癸は、雨や川、水を表しますので、水を司っている「龍神様」がおいでになる京都の貴船神社も大祓い式が行われるそうです。

又貴船神社は、縁を司る神様と言われていますのでますますご利益が期待されます。

我が家は、6月30日の大祓いと12月の年末は、神奈川県の寒川神社にお世話になっております。

未は、晩夏を表し陰の土性です。

本日は「晩夏の雨」の姿です。

夏の暑さによって、蒸発し安い夏の雨はエネルギーが少なく、パワーや前進力は弱いのですが、優れた忍耐力で尽くし育てることが生きる使命です。

見返りの無い愛を与え、尽くすことで、努力が実る日です。

夏越しの大祓いで今年前半の不運と厄を祓い清めましょう。

祓い清めて初めて素の自分を感じて、ますます開運していくでしょう。

Related Articles:

[ad#co-1]